matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

お知らせ!!! 

 

関係者の皆様

ギニア渡航の為、

3/31〜6/15 まで不在にいたします。

滞在先は電気が不安定な為、メールチェック等ほぼできません。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。


イラストレーターまつなが みか

スポンサーサイト

category: News!!

tb: 0   cm: 0

△top

PICK UPPPP!! 

 

2012年西アフリカはギニア共和国アマナに2度目の単独滞在をしました。期間は2ヶ月。
「あんた何やってんのよ?」・・・ですな。
そんなあなたの?を笑顔に変えるべく!これからカテゴリー マツ村! にて、
村のあんなことや、こんな出来事、体験日記で綴って参ります。

「マツのアフリカ村日記 2012!」略して「マツ村!」
(ピックアップする単語がどこか間違ってる)

では、気長におつきあいください。

そして2013年、再びアマナに行ってきました。
「マツのアフリカ村日記 2013!」略して「マツ村!」同じ!
マツ村続きます!


マツ村タイトル

注意!!
アフリカ人から聞いた話の部分はすべて、私のつたないフランス語と、つたないマリンケ語と、
さらにつたないアフリカ人の日本語と、なんとなく、目と目で通じ合ったイメージで受け止めています。

話7割5分

で、お楽しみください!


追加!

アフリカンの太鼓や踊り、歌に関するお話はきまぐれにこっちにもアップします。
題して
「マツのアフリカ太鼓とかそっちの話」略して「マツ太!」

マツタタイトル

若干アフリカンを知らないとわかりにくい話もありますが、まぁそれほど難しい話はないです。

カテゴリー マツ太! にてこちらもお楽しみください。

category: マツ村&マツ太とは!

tb: 0   cm: 0

△top

自然の話25 そして2013へと続く 

 

この前改めてじっくり前回の旅手帳を読んでいたら、
まだまだマツ村ネタが潜んでいた。
なんですが・・・
お話は「マツ村2013」へと続きます。

マニアックな読者の皆さん、いつもお付き合いありがとうございます。
また新鮮なネタを仕入れに、村行ってきます!

マツ村2013もどうぞお楽しみに!

usibo.jpg


category: マツ村!

tb: 0   cm: 0

△top

祭りの話24 ダラモンて何だ!? 

 

5月、マリンケ族にとって楽しみな大きなお祭り「ダラモン」の時期がもうすぐやってくる。
ダラモンというのは、一ヶ月に渡り村々で行われる魚のお祭りだ。

昔、川が氾濫し、水たまりができた。水とともに流れ着いた魚がそこに住み着くようになった。それがダラ(沼)である。
村はそれぞれ自分の村のダラというものが存在する。
それは時に他の村と合同だったり、少し村から離れたところにあったりもするのだが、とにかく所有というべきか、「このダラはどこの村のダラ」というのが決まっているらしい。そして、通常魚は川で穫るが、1年に一度だけ、その沼で魚穫りをできる日がある。それがダラモンだ。

男性はスー(ソー)、女性はコモンジョーという道具を使い、ダラ(沼)で魚を穫る。
ダラ(沼)の魚をコモンジョーで穫るから、「ダラモン」というらしい。
ライスーいく
男性のスー(ソー)

コモンジョーよ
女性の網コモンジョー


ダラモンの日程は毎年違う。村の長がダラの様子をみて、「うちの村のダラモンの日はいつにします」といって決まるようだ。日程が決まるとラジオや人づてでそれが伝わり、「◯◯の後は××で、その次は△△だ。××のダラモンはすごく盛り上がる」とみんなそんなおしゃべりが多くなる。

ダラモンのお祭りが近づくと、魚を穫りに他の村から親戚が来たり、人がわんさかやってくるので、村では家をきれいにペイントしたり、新しいお洋服を新調したり、まるでお正月のような雰囲気になる。
その前後何日かで太鼓を叩いて踊ったり、ディスコがあったり、沢山のお店がでたり、タイミングを合わせて色んな決めごとやお祝いのお祭りが催される。
それが、今日はあそこの村、来週はこちらの村・・・で、村々の個性豊かに催されるのでとても興味深い。
もちろん、その村のお祭りにはその村の太鼓叩き達が一番張り切るところ(なはず)で、そこも見所のひとつだ。

ダラで魚を獲るのはだいたい2時とかそれ位の時間で、時間が近づくと人々がスー(ソー)やコモンジョーを持って、マンコロをかじりながらダラの周りを取り囲む。男女が並ぶ場所は別々だ。
そして時間が決まっているというより、村の権力者の合図とかなんとか、そんなものがかかる(らしい)と、そこにいた人々は一斉にわーっと沼に駆け込み、泥だらけになって魚を探しまわる。
ダラにイン


大きな魚が獲れると大きな歓声があがり、人が集まって来る。「誰々が獲ったぞー」と誰かが叫ぶ。獲った人はちょっとしたヒーローだ。さんざん探して小さな魚がちょっと、全然獲れないなんて人も沢山いるのだ。魚を獲った人は誇らしげに玉入れの玉を数えるみたいに、一匹一匹魚を取り出し、縄にぶら下げていく。女の人は布に包んだりしている。
ムサゲゲゲ
沢山獲れてご満悦


おのおの見切りをつけると、そのまま川へ歩いて行って泥を落とし、体を洗う。川はちょっとした公共浴場みたいになる。

夜、村では獲った魚が振る舞われる。
「これは誰々が獲った魚だ」と教えてくれる。大きな魚はだいたいがナマズで、ヌルっとしていて泥臭く、ちょっときついと感じることもある。でも、人々が暑い中今日1日何時間もかけてやってきて、泥だらけでどれだけの魚を獲っているかみていると、ただ眺めていただけの自分がこうして魚をいただけることに、ただただ感謝して、まさに「いただく」ほかにない。こんな思いをできることが、私には贅沢な食事だ。


映像、みられるかな。
[広告] VPS

category: マツ村!

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。