matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

14.おっぱいに気をつけろ! 

 

ひさびさにスポーツセンターに行った。
スポーツセンターは一度行かなくなるとなかなか行かないもんだ。
おまけに遠い。1時間もかかる。
言い訳だ。
とにかくひさびさに行った。
そしてひさびさにサウナに入った。
コラムを最初の方から読んでいただくとお分かりだが、
おむつ巻きも健在である。

ところでサウナにはいろんな熟女がいる。
平均年令43才位、けっこう高い。
で、社宅の掃除当番の話やら、課長の奥さんの話やら、
高校生の息子のファッションと夕食の話やらをしている訳だ。
普段はそんな事を興味なさそうな顔をしてじっと聞いている私だが、
今回はとても気が気でなかった。
斜め前の中年女性。
年令はそう、50代後半から赤いちゃんちゃんこといったところか。
でも、スポーツセンターに日課のように通っている人は、
想像以上に整った身体をしている人が多いのだ。
私のような、怠惰な中途半端ヤングよりよっぽど欲情しそうなナイスバディ。
お父さんもまだまだ頑張りどころなのだ。
そして、この奥様もそうだった。
肌もきれいだし若々しかった。
しかし、ひとつだけ、どーしても気になったのだ。

奥様は大きなタオルで、身体を包んでいた。
なかなか育ちがよろしいのだろう。品が良い感じで。
家の庭でデイジーとか育てていて、
白州正子の本を一冊は持っているだろうといったところだ。
しかし、そんな奥様の巻いたバスタオルからはなんと、
片乳が見事に半分こんにちはしているのだ!
半分だ!
絶対気付くはずだし、第一収まりが悪いはずだ。
しかし、この奥様は一向にそのはみ出た半分の片乳を仕舞おうとしない。
半分だ!
乳首が外に出ていいのか、仕舞われていいのか、決り悪そうにしている。
発見するやいなや、見ているこっちまでむずむずしてきた。
サウナから出るまでこのままにするのだろうか?
ちょっと気持ちいいのだろうか?
私は「ナゼ、アナタ、ハンチチ。気持チ悪クナイデスカ?」と話しかける、
勇気ある自分を何度も空想しては止め、空想しては止めをくり返す。
私は気になってサウナからでられなくなってしまった。

そして、私の肉体がサウナでのピークを迎える頃、終焉はあっけなくやってきた。
バスタオルが徐々に乳から更なる下降を続け、
乳首が「外に出てていいのだ!」と明確な答えを知った瞬間、
奥様は何ごともなかったかのように立ち上がり、バスタオルを上品に巻き直したのだ。
私は何か妙な脱力感と達成感半々でふらふらとサウナからでた。
のぼせて軽く気持ちが悪かった。

今でもその真意が分からない。
しかし、時々思い出しては空を眺め、ニヤリとする。
そんな自分がカワイイ今日この頃である。

column14.jpg
スポンサーサイト

category: 完了形:自己満足系コラム

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://matsunagamika.blog25.fc2.com/tb.php/11-b61f1305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。