matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ビートコミュニケイション 

 

楽器のたぐいを持って電車に乗る人に、こんな経験はありませんかと聞いてみたい。

私が大きなジェンベケースを持って電車の座席に座ると、
向かいに居る人がほどなくして手で膝を叩いたりしてビートを刻み始めたり、
はたまたもともと少しヘッドフォンにリズミカルに酔いしれていた人が
ちらっちらっとこちらを見て振りが大きくなる!ということが
おそらく割とある。

手が動くというのは私にもあることだけど、
ポイントはちらっちらっとこちらを見てアピール感があることで。

それは「オレもノーミュージック、ノーライフだぜ」みたいな同志愛なのか、
太鼓を見ることで「そういえばこんな時代があったぜ」というイメージとテンションがあがるのか、
「オレはけっこういいビート刻むんだぜ!」というアピールなのか、
メンバーを探しているのか!(それはないだろう)

そこがまったくわからない。

でも太鼓を持たずに電車に乗った時にはまったく感じないこの感じ。
気になるのだが、なかなか面白い。

この前ひとつ空けて横に座ったアメリカ人らしき金髪のおばちゃんは、
ちらっとみると何か思い出したように両手で激しくビートを刻み、
あげくの果てには小さな声で
「オーケェ」と言っていた。
何かがOKされたのだろう。
そして彼女は、私が降りる時にはもはや名残惜しそうなまでの視線を送っていた。

あなたも楽器を持って電車に乗ってみませんか?
アメリカ女とリズム



スポンサーサイト

category: つぶやき日記

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

!!

朝から激しく爆笑!

sasaki #qjKXimFw | URL | 2011/12/21 07:28 | edit

sasakiさん

お~けぇ

まつ #- | URL | 2011/12/22 11:49 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://matsunagamika.blog25.fc2.com/tb.php/114-660c48dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。