matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

02まいてもまいても桜は咲かない 

 

村のフェット(お祭り)の時は、
大きな木がある村の中心の広場(バラ)に、
太鼓叩きと、その横に拡声器を持った歌い手、その後ろにコーラス隊みたいな女性陣、
そして踊る人や見る人がわらわらいるといった基本形がひとつある。

まぁ、とにかく太鼓叩きの横や後ろにたくさんの女性がいて、
歌ったり、手を叩いたり、やんややんやするんだけど、
マツ太02位置とか

ある時、ドラマーの一人がおもむろに砂を掻き集め、
その女性達にぶわーっっ!!!と投げつけたことがあった。

女性達は「きゃー!」といって逃げ、また笑いながら元の位置に戻っていった。

突然のことにびっくりしたのだけれど。

アフリカではじゃれ合いが半端ないというか、
冗談でも突き飛ばしたり、蹴ったり、ぶったりの度合いがすごくて、
でもたとえそれで血がでちゃったりしてもあまり気にしない!
日本だったら怒って当然のことも、「冗談」で収まっちゃうところがある。
だからそんな感じなのかなと思っていた。

ところがしばらくすると、
今度は踊っていた男の人がまたまた砂を女性達にぶわーっ!と何か威嚇した様子で撒き、
女性達はまたもや逃げて戻ってきた。

なんだろうと思って、あとで聞いてみると、

後ろにいるコーラス隊の女性達が歌を歌わないと、
太鼓叩きやダンサーは「歌え!」という意味で、お祭りのためにせっかくきれいな格好をした女性達にわざと砂を投げつけるという風習があるそうだ。
「歌わないなら服汚すぞっ!」ってことみたい。
砂が撒かれると、例えばよく聴こえないおじいちゃん達も「あの子達は歌ってないんだな」
とわかる、砂を撒くのはそういう合図なんだそうだ。
そして砂を撒くのは未婚の女性に限って、おばちゃん達には撒かないそうだ。

華やかな、外人向けのわりと完成されたお祭りを見るのも楽しいが、
こういうローカルで、ちょっとしたこだわりや掟を知ることができるのは
なんとも楽しいものである。

日本でそんなことしたら、弁償問題になっちゃうよね、大変、大変!

マツ太02砂


スポンサーサイト

category: マツ太!

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://matsunagamika.blog25.fc2.com/tb.php/132-8ff87b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。