matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ギニア人の話05 気分はジョントラボルタ 

 

お祭りでは、朝、昼、夕方と、太鼓と踊りがくり広げられた後、
夜はディスコテックの時間がやってくる。
いわゆる音楽をスピーカーでガンガンかけて踊りまくるあれだ。
村の一角が白いシートで覆われると、発電機のグィ~ンという音と共に電気が灯され、
ご機嫌なギニアンポップが流れてくる。
入口には人が立っていて、お金がある人はお金を払い中に入り、お金がない人は白いシートの外で踊る。
それは朝方まで続く。

私の仲間達も、散々朝から太鼓を叩いてくたくたのはずなのに
ちょっときれいめの格好をして夜ディスコテックにでかける。
そして「昨日3時までディスコテックにいた」とか言って朝の7時から太鼓を叩いたりするから、よっぽど好きなんだ。
確かにそれはどこでも同じように女の子に声かけて一緒に踊ったり、ちょっとしたチークタイムみたいなところでいちゃいちゃしたりできるから楽しいんだよね。

にしても、村のディスコテック、めちゃめちゃ健全だ。
基本的にお酒がない!
おそらくこっそり呑んでる人はいるはずなのだが、そこにいるだいたいがシラフで朝まで踊ってるのだ。
ある時横に座っていた女性に男性が近寄ってきて乾杯したのは、ちっちゃい缶詰の缶に入った牛乳だった。

ディスコでちっちゃい缶詰の牛乳!
健全すぎる!

あとはみんなひたすらガムを噛む。
村でガムといえば、中国製の超甘いバナナガムで、いつもみんなそれを食べている。
そしてディスコテックの終わった朝は地面いっぱいに、その黄色いバナナガムの包み紙が散乱しているのだ。

牛乳とバナナガムでオールナイトロング。
健全すぎる!
わたしには盛り上がり方がわからない!

深夜会場に着くと、仲間達は早くもいい汗をかいていた。
一緒にいたのは太鼓叩きとダンサーだったので、みんな独自のステップで踊る姿はかっこいい。
わたしは初め座っていたのだが、みんなにはやしたてられフロアに出た。
外人はわたしだけで、すごい注目されてる!
仲間もちょっと興味ありげな目で見ている。
そう、ここでは常に注目されてしまうのだ。
特に何もでてきませんよ。でもこうなったらもじもじ曖昧なそぶりはつまらない。
わたしはソウルトレインばりのキレと、サタデーナイトフィーバーばりの腰つきで、一昔前の踊りをバリバリ踊った!古っ!
みんな、あの日本人へんなの~って笑ってるに違いない。いいじゃない、いいじゃない。
ところが・・・仲間が「ミカいいね~!」って嬉しそうに寄ってきた。真似までしだした。知らない男の人が握手してきた。
そうか!ここではテレビとか情報が少ないから、ソウルトレインも、ジョントラボルタが白いパンタロン履いてたのも知らないのだ、きっと。
わたし、新しいのだ!きっと。

完全なる勘違いで、自信を持って人さし指を高くあげると、心行くまであの懐かしのステップを楽しんだ、
そんな村のミッドナイトであった。

ディスコテック





スポンサーサイト

category: マツ村!

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://matsunagamika.blog25.fc2.com/tb.php/135-97b72b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。