matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

たべものの話09 無駄がない! 

 

こちらでいつも感じていたこと。
自然と共に生きる知恵だ。

私が滞在した4,5月は大量のネデという木の実が収穫されていた。

ネデの木
もう収穫後の、ネデの木。


ネデをはこぶ
ネデの実を運ぶ女性達。

イメージとしては大きなさやいんげんみたいなのだけど、皮は固く、皮を剥くと中から黄色いラムネ棒みたいな粉の固まりがでてくる。

ネデ
ネデの皮をひとつひとつ手で剥く。

この黄色い実はそのまま食べると甘く、当然ちょっと粉っぽい。甘いもの好きなアフリカ人はこのネデが大好きで、女性が運ぶ途中に落としたネデを拾って食べたり、どっからともなくもらってきて食べたり(食べるというよりはなめて溶かす感じ)している。
出した黄色い実は粉状にされ、ひとつは火にかけるかして茶色い調味料になる。ソースがかかったごはんにお好みでふりかけて食べるのだが、味はきな粉。その他は食物が不足する季節のための保存食として保存される。水と混ぜて練ったりするらしいが、食べ方はよくわからない。

黄色い実には種があり、その種は中身が取り出され、
ネデノ種
ネデの種

一度水につけるのか、湯がくのかした後、更に葉に包まれて、2~3日置くと、調味料へと変貌する。発酵させているのかと思ったけどそうではないらしい。この辺あいまい。変貌の様子は下の上品でない4コママンガをどうぞ!
スンバラのじゅんび
ネデの種を葉に包む準備中

この準備をする間もちょっとつまんだりするとレンズ豆みたいでなかなか美味しいのだが、食べ過ぎるとお腹をくだすので要注意だ!

実も種も無駄なく食べるんだなぁなんて関心していたら、実はこの先がある。
実の固い皮。これは、なんと川で魚を捕る時に利用されるのだという。
この皮は人間にとっては無害だけれど、魚にとっては毒になるそうで、これを川に撒いて魚が死ぬか気絶かしているところを女性達が捕るそうだ。
捕った魚はもちろん今夜の夕飯になる。

木から摘まれたネデは女性の頭に載せられて家に運ばれ、中身が上手に取り出されて、皮だけがまた同じように女性の頭に載せられて今度は川にかえっていくのだ。

ネデすごいな。無駄ゼロ!そしてそれを知っているアフリカ人やっぱりすごい!
アフリカの人達は手間隙かけてもあまり無駄を出さない。なんとか使おうとする。これ、見失いそうになっている原点だと思う。今、日本人は楽で効率はいいかもしれないけれど、いろんなもの捨て過ぎなんだよな。ここに来るとそういったことが本当によく気付かされる。

アフリカで水を運ぶことも、杵をつくこともできなかった私は、ひたすらこのネデ剥きの仕事をもくもくとやっていた。
この時だけは私もおうちの役に立っていたようだ。

  マツ村09


スポンサーサイト

category: マツ村!

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

マリンケ語知りたかった!ありがとう!

ネデ粉、ファラナーではノノ(放置牛乳)と混ぜて食べてたよ。
もちろん、そこにはお粥が入ることもあった。

コナクリでは、モケ、キーリー(バオバブの実らしい)と揃って3代おやつと私が勝手に呼んでいたけど、これを水を入れ、全て混ぜて更に砂糖を混ぜて、大人も子供も食べてた。

なつかしいなぁ…

miho #- | URL | 2012/07/13 12:13 | edit

みほちゃん

おぉ!情報ありがとう。今度ゆっくり聞かせてちょー。モケって何だろ?いちじくのできそこないみたいなやつ?キーリーは白いモフモフしたやつかしら。
ノノと混ぜたらきな粉ヨーグルトみたいな感じなんだろね。
ねースンバラ持って帰ってきたの!?

まつ #- | URL | 2012/07/13 16:47 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://matsunagamika.blog25.fc2.com/tb.php/140-e8da11f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。