matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

生活の話12 ギニアだけどニューヨーク! 

 

以前のトイレネタでご紹介したように、小便所はお風呂と兼用になっている。
トイレ風呂(勝手に命名)の形状や状態は様々で、お家と同じような藁葺き屋根だったり、その屋根なしだったり、トタンだったり、6畳一間位あったり、丸見えだったり、庭みたいだったり、私が知っているだけでもそれだけあるが、だいたいが広めの作りだ。
中は平均的にがらーんとしていて、ただのコンクリや、全体的に石が敷き詰められていたりするので、小タイムはちょっとどこでしたらいいか戸惑いがちだ。よくみるとネズミの穴みたいなものが壁に開いているので、わたしはその近辺で用をたしていた。これまたよくはねるので要注意である。
そんな様子で小トイレとしてはなかなか開放的で快適なのだが、これは同時に風呂と化す訳で、そこはちょっと事情が違う。

どう違うかとひと言でいえば、暑い国でへとへとになってさっぱりしたい時に、

しょんべん臭い

のである。そう、便所だから。当然と言えば当然だ。
ある時お祭りで出かけた村のお風呂は、周りに家も少なく、畑のようなものがあって、ヤギがいて、開放的な土地にある、屋根なし、足場もそこそこキレイな上物だった。扉はなかったが、その代わりに広げたアフリカの布と、それを押さえる石はムードをあげる。夜は満天の星が輝き、月と星の光だけで入浴タイムを過ごす。おそらく、これを写真なり映像なりでお伝えしたなら、「なんてロマンティックな入浴タイム」と思っていただけるであろう。
しかし・・・ものっすごくしょんべん臭い。
あっという間にテンションががっくり下がるのだ。こういう時、嗅覚って重要なんだと、出来れば気付きたくないけれど、気付く。

これまたお風呂といっても、基本バケツ一杯の水で、水が不足している時はそのバケツにですら、半分の量の水しかない。これで頭を洗い、顔を洗い、体を洗い、足の裏を洗う。男子はわからないが、女子は少々キツい。石けんをわーっと泡立ててしまうと流しきれないこともあるので、そこにある水でできるだけきれいにしようと毎回計画しながら使う。
そしてこの水だが、なるべくなら明るいところで見ない方がいい(私の場合)。井戸の普通にキレイな水を用意してもらった場合も多いが、色々浮いていたり、何の色だかわからない色がついていることもしばしある。以前水が真っ白だったので覗いていたら、使い終わった臼を洗った水だった。それは聞けば気にならない一例だ。わからないのが恐い。

日本に帰ってまっさきに欲したのがお風呂だったが、同時に、このお風呂のおかげで、水はこれだけ節約してもなんとかなるのだと毎日感じていた。ずっと日本で不自由なく暮らしていると、当然の基準がどんどんあがる。より便利に、より快適に、より清潔に。もっと、もっと・・・でも、そう、水が生活の中でどれだけ本当に必要なのかここへ来るとリセット、再認識できるのはありがたいチャンスである。

と、言った後に何ですが・・・村での滞在の三分の一位は水を存分に使って入浴していた!なぜなら・・・川があったから!

私のいた村にはニジェール川という大きな川が流れていて、みんなそこで魚を捕ったり、洗濯したりするのだが、大人も子供も、そこで水浴びをしている人も多くて、私も可能であればそこでお風呂を済ませていた。水の量を気にすることはないし、泳いだりはしゃいだりもできる!トイレ風呂より川へ行くでしょ!
なにより川から見る太陽や月や雲や雷は本当に美しくて、その美しさがあまりにも自然そのままで、その中で自分も解放されている。それはそれは贅沢極まりない時間だった。

と、そこで終わればなんともロマンチック。
でも、そう都合良くいかないのが自然!水には不思議なものがたくさん浮遊してるし、増水した川はこれまた臭くて、底を覗けばウシのウンコやらがあちこち沈んでいて・・・これってちょっとずつ流れてってんだよなーなんて。

アフリカの入浴で気持ちよく体を流すなら、都合の悪いことには気付かないのが一番なのだ!


toire.jpg

スポンサーサイト

category: マツ村!

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://matsunagamika.blog25.fc2.com/tb.php/146-ae760f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。