matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

文化の話29 書いてもみるよ! 

 

人生って本当に不思議なもんだなぁと、ここにいるとよく思う。
大学まで出させてもらった私がこの歳になって、今一緒に過ごして学んでいる仲間は
読み書きができない。

今でこそ村でも少しずつ子供達が学校に通えるようになりフランス語の読み書きを学んでいるが、村の大人達の多く、特に年配の人々はフランス語を話すことすら難しいし、マリンケ語だって文字は存在するがそれもおそらく後付けで、読み書きが出来る人は限られているようだ。
だから外人が村に来て書き物をしていると「また書いてる」「いっつも書いてる」「外人はなんでも書く」「外人は書いてばっかりで、すぐ忘れる」としょっちゅう言われる。羨ましい部分も小馬鹿にする部分も興味もあるのだろうと思うが、真意はよくわからない。

でも確かに読み書きをしない分、彼らの生活に必要な記憶力というのは抜群によいように感じる。都合の悪いことはこれまた器用にすぐ忘れているようで、それもひっくるめて、彼らが読み書きができないことを、外人にとっての「不便」はあるが「劣っている」と感じたことはない。読み書きを「しなかった」だけなのだ。

それでも以前お話したように最近ではみんな携帯電話を持っていて、モノの話08 村の携帯事情
もちろん操作が必要になる訳で、じゃあどうするのってことになる。数字は理解しているので、番号は記憶できる。でも写真をとったり、音楽を聴いたり、それ以外は?
と、そこも、たぶん誰かに教えてもらった操作を「位置とか順番で記憶」してるんじゃないかと思う。
そこで面白いのが、電話帳だ。
例えば電話がかかってくると、文字を読み書きできない人は文字を読み書きできる人に頼んで名前を書いて登録してもらう。
ところが書いてもらった名前は読めない。だから電話する時は、また読み書きできる人に読んでもらう。けれども、いちいちそうもしてられない。もし読める人がいなかったらどうするか。

なんとなく雰囲気

で探してかけてかけちゃうのだ!
電話をかけたくて電話帳をいじっていた人が「ねぇミカ」と言って電話を差し出し、名前のリストを見せる。「これはサコって書いてある?」「いや、これはマリアムだよ」全然違うじゃん!
・・・てことが、しょっちゅうなのだ。
とりあえずかけてみて違ったら切る。

「サコ?え?」ぶちっ。「違った。」

あぁ、村のこういうざっくり具合ってたまらない。

ネタ帳が戻る

ネタ帳が戻ってきました。
ヤバそうでしょ(笑)
ネタ帳1

開けると、さらに
ネタ帳2

中身はこれなんですけどね。
ネタ帳33
フツー!!!

こういうとこ、なんともかわいいんですねー。
スポンサーサイト

category: マツ村!

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://matsunagamika.blog25.fc2.com/tb.php/174-f5d1b862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。