matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

グループの話39 カサとライ 

 

ママディクルマ&トロンテセベサ2ndCD発売を記念して!?メンバーのお話。


ジェンベをやっている人はもちろんご存知のことと思うが、お祭りでこのジェンベが奏でられる時、そこにはドゥンドゥン、サンバン、ケンケニという三つの筒太鼓が一緒だ。むしろこの三つの筒太鼓が”曲”のメロディを刻んでいて、その中でも、ドゥンドゥンとサンバンの音の会話やダイナミックさ、安定感がグループの演奏を左右するといって過言ではない。

私の先生であり、いつもお祭りに連れて行ってもらって面倒をみてもらったのがママディクルマのグループ、トロンテセベサで、そのグループのドゥンドゥンサンバンの絶妙なコンビネーションをみせてくれたのが、サンバンフォラ(サンバン担当)・ライ、ドゥンドゥンフォラ・カサである。

ライとカサ
左がライ、右がカサ。

ライは、バンドの要となるサンバンを担当していて、グループでは一番の年少者だが、頭もすごく良いし、冷静な判断ができるし、面白いし、やんちゃなところもあって、ちょっとかっこいい存在だ。祭りででかけた村でみんなが女の子に鼻の下をのばしていた時も、ライだけはあまりどこで何をしているのかわからない、というのも、なんだか要領がよさそうでいい。森ではちみつを採ったり川で魚を採ったりすることを生業としていて、散歩をしていてさささっと木に上って木の実を取ってくれたり、自然に対する知恵がすごくあるように見える。

一方カサは、グループでは年長の方だけれど、ちょっとぽーっとしていて、みんなにいつもゲラゲラと笑われている、愛されキャラだ。いつもちょっと口が開いている。太鼓のレッスンを受けていた時も、ドゥンドゥンを叩きながら寝てしまい、みんなにつっこまれたりして、村のゆるーい感じを一番醸し出していた。ユニークで、おねだり上手で、おねえちゃん好きで、同じ顔の子供がたくさんいる。遺伝子は間違いなく強い。それから私の好みとしては一番おしゃれだ。どこで売ってるんだろうみたいな帽子をよく被っているのだけれど、それがまためちゃめちゃ似合う。彼は猟師をしたり、木を切ったり森の仕事をしていて、みんなの前ではぽーっとしていたけれど、力も強いし、子供達にはものすごくキビシいパパである。

この二人の奏でる音楽はもちろん素晴らしいのだけれど、彼らはまたグループのダンサーでもある。ライはキレのあるダンス、カサは独特でユニークな動きで人々を楽しませる。またどの村に行っても、いつもカサがボケて、ライがつっこみ、村の人たちが喜ぶ。そんな素敵なコンビだ。

私が1人で不安そうだったり、寂しそうだったり、そういうことをいち早く気付いて気にかけてくれていたのもこの二人だった。祭りで夜ディスコに連れ出してくれたのも、この二人だった。いつも涙を流して大笑いさせてくれた二人の太鼓は、やっぱり私を幸せな気持ちにしてくれるし、自慢のドゥンドゥン、サンバンフォラだ。


kassaのおはなし

スポンサーサイト

category: マツ村!

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://matsunagamika.blog25.fc2.com/tb.php/191-30f598c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。