matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

グループの話40 ジェンベフォラ・ナンサディとサカラ 

 

ママディクルマ&トロンテセベサ2ndCD発売を記念して!?メンバーのお話 その2。

私がこのグループの1stCDを作ったのは昨年で(ギニアの村人のCD作りますた! )そのきっかけになったのはその更に一年前、ギニアの首都コナクリで行われた大御所Famoudou Konate先生のワークショップでジェンベの講師をしていたママディクルマと、ナンサディクルマに出会ったことに始まる。
その年に2人に村に連れて行ってもらって、そこでサカラやライやカサと出会うことになるので、実はまだ3年位の付き合いだ。

ママディとナンサディ
出会った当時のママディとナンサディ


彼らのことを話す時、「Babila(バビラ)」という地名がよく出て来るけれども、実はバビラの中にいくつかの村があって、いわゆるバビラのバビラ村に現在住んでいるのは主要メンバーではナンサディひとりである。
ママディは現在コナクリと行き来をしているので、村のお祭りを常に支えているジェンベフォラといえば、サカラとナンサディということになる。

ナンサディはそんな訳で、みんなと暮らす村が違うし、もちろん素晴らしいジェンベフォラなので、あちらこちらの村のグループで活動をしていて、今年私がいる間はトロンテセベサと行動を共にすることは少なかった。ハンサムで、口数も多い方でなく、村にくるヨーロッパ人を多く迎えているので外人には慣れている。かといってへんにミュージシャンぽいところがなく、長男で家族を支えるために堅実に働いているというイメージだ。

サカラの方はこれまたタイプがまったく違って、言うなれば「ザ・てきとう」、完全コメディアンな存在だ。どの村に行っても、大人から子供まで、みんなが「サカラ、サカラ」と寄ってきて、その顔の広さはダントツである。動きがヘニョヘニョしていて、いっつもケラケラ笑っているし、おねえちゃんが大好きですぐどっか行ってしまうのだけれど、顔が広いだけ人との出会いや付き合いを大切にするし、時折ふっとものすごく重いテーマを私に投げかけてきたり、太鼓に関しても一番キビシいことをクールにぐさっと言うのがサカラだ。まぁ、そんな真面目な姿を見せることは稀で、とにかくみんなのムードメーカーで、グループのための働きは一番。いつも私の面倒見係で、とてもとてもお世話になっている。

ナンサディとサカラ
左がナンサディ、右がサカラ

年齢は上から、ママディ、ナンサディ、サカラだけれど、それぞれの個性が同じだけトロンテセベサの音楽を支えて、ソリストとして盛り上げている。それぞれを信頼して安心している姿が、レコーディングをしていて、なにより心強かったことだ。

サカラウォディ
アフリカ人あるある
スポンサーサイト

category: マツ村!

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://matsunagamika.blog25.fc2.com/tb.php/192-271f1baf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。