matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

23.流行りもやや下火の「カフェ日記」まつ編その2 

 

近所の、とある喫茶店。

ショウウィンドウにはピザやコーヒーフロートのサンプルが並ぶ。
ピザは一切れだけとろとろとチーズの糸を伸ばし、
宙に浮いている。
そして、ナポリタン。
パスタでも、トマトソーススパゲッティでも、ない。
あくまでもナポリタン。

どれも薄灰色にホコリがかぶり、
色はうすーくなっている。

こういう店はハズすと痛い。
たとえば、水が生ヌルくて氷が入っていないとか、
冷蔵ケースのレモンの色が
明らかに食用不可のサインをだしているとか、
なぜかワンカップが入っているとか、
お店の人の服が薄汚れていて、やたら不幸そうだとか。
たったコーヒー一杯で
なんだか一日の活力を全て奪われそうな気になる、
そういうことだ。

しかし、この店はいいのだ。
清潔なおしぼりが出てくる。
明かりのトーンは落としてあるが、否、薄暗い。
雑誌もとんちんかんな時代の、
とんちんかんな季節ものではない。最新号。
で、庶民的。

いい。

という訳で、何度か足を運んでいるのである。

テーブルには
マスター、ちょっと今どきなもの作っちゃったね的、
「オムナポリタン」の新メニュー。
マスター、バイト若くていい子入ったね的、
作りたてのちょっと丸文字でカラフルなその手書きポップ。

いい。

ある日、そんな店にいたのは、
間もなくお昼という、
人もまばらな午前11時半。
私はフレッシュなレモンジュースを飲んでいた。
テーブルの向かいにはアイスコーヒーのグラスが
汗をかいている。

そこへ、オムナポリタンのポップを書いたであろう、
「あゆみちゃん」って感じの女の子が近寄ってきた。

「コーヒー一杯サービスなんですけど・・・」

レモンジュースとアイスコ-ヒーを頼んで、
コーヒーふたつサービス!!!
桐箪笥を買ったら、もう一個付いて来て、
「娘にあげました」
「二個並べると高級感があるんです」的衝撃!!
意図不明!
しかし・・・

いい。

やはりこの店は
実にいいのである。

スポンサーサイト

category: 完了形:自己満足系コラム

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://matsunagamika.blog25.fc2.com/tb.php/20-c048b977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。