matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

日々の話43 マンコロ犯をさがせ! 

 

村での我が家にはガタガタした木のベンチとふとんしかない。
なので、ちょこちょこともらった食べ物は家の地べたか、人が来た時に座る、ガタガタしたベンチの端っこに置いておく。頂いたマンコロから、煎ってあったり、はたまた殻付きの落花生。生きてたり、死んでたりする鳥。干したいも、コラの実のかけら。なんだか木の実。ビニールに入った、お茶を呑む時の砂糖・・・などなど。

ひまな時に貰った落花生を剥いて水に浸しておくと、ゆで落花生ならぬ戻し落花生ができて、これはなかなか美味しい。でもやっぱりベンチの端っこなので誰かが蹴っ飛ばして地面を水浸しにしたりもする。
もちろん置いておくと来た人がおいしそうなものから食べちゃうので、ぜひ取っておきたいものはそっと陰にしまっておく。

ある日、散歩をしていたら、後ろから仕事帰りの木こりのカサ君が自転車で近づいてきて、大きな大きな、見たこともない位大きなマンコロをくれた。
もう記憶が定かでないけれど、ラグビーボールの2/3位はあったんじゃないかと思う。(ラグビーボールの大きさも定かではないのだけれど)
とにかくそれはまだ熟れていなく固そうな緑色をしていて、あと3〜4日で食べられるとのことだった。

大きなマンコロだからきっと大味なのだろうけれど、初めてみるそのでかさにもうワクワクして、それから私は例のベンチの端っこにそれを置いて毎日眺めて、熟れるその日を心待ちにしていた。
カサ君チェックも怠らず、朝カサ君がうちに顔を出してくれる度に、「ねぇねぇ、まだかな?」と大きなマンコロを差し出した。あまりに楽しみそうなのが見て取れたのか、他の仲間がいたずらに持って行こうとして、「それはダメ〜〜〜〜」と大人げない抵抗をした。
それほど、中がどうなっているのかを見て食べるその日を楽しみにしていたのだ。

4日目の朝、カサ君の食べごろサインをいただいた。あぁ、やっとその日がきた!
開マンゴー式を昼に決定し、仲間が昼寝をしたいというので、安心して風通しよくドアを開けっ放しで私は川へ洗濯にでかけた。
そして、帰ってみると。

家には誰もいなくて、なんと思いこがれたマンコロが無惨に食べ散らかされている!あろうことか壁に投げつけたような跡もあり、横にあった美味しそうな普通サイズのマンコロはきれいさっぱりなくなっていた。

一体誰が!?

悲しみに暮れていると、起きたばかりの顔をした昼寝野郎がトイレから帰ってきた。
そして「目が覚めたら、牛が家に入ってきてマンコロを食べてた。」
と、しれっと言った。

牛・・・

あんなでかいのが家に入ってきたら、気付けよ!!
しかし、家の中で牛にまんまとマンコロを貪られ、その横で見張りにもならず、ぐーすか寝ていて、食べ終わる頃に慌てて追い払う奴の姿を想像したらなんだか愉快に思えてきた。

「あのマンコロ牛に食われちゃったよー!あいつ、横でグーグー寝てて気付かなかったんだよ!」と悲しい顔でいったら、カサ君は大笑いして他の仲間にも言いふらした。

マンコロと同じ位オイシい出来事になったので、まぁよしとしよう。

牛とマンコロ







スポンサーサイト

category: マツ村!

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://matsunagamika.blog25.fc2.com/tb.php/201-169869a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。