matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

たべたの話45 ヤギさんの解体 

 

前回の日記動物が肉になること は思いもかけず色々なすてきな言葉をいただきキャッチボールをさせていただけた気がした。まだまだ色んなマツ村を書いて行きたいと思いました。ありがとう。

ということで、続きはヤギさんの解体をした時のお話。前回初めて読んでくれた方が行ってしまいませんように(笑)まぁこれが通常のマツ村なんですけどね。 
今回はヤギさんの解体した写真が入っています。見解はそれぞれですが、苦手な方はご注意を。


その日はお世話になっている家族の特別な儀式があった。
儀式が始まる時、まずだいたい男女は別の場所に座る。外国人は男性の席に座ることも許されたりするのだけれど、私はできるだけ子供や部外者の座る末席に座る。
そして長老の話や、ひとりひとりが何かを述べたり、祈りやコラの実やお金が捧げられたりする。その中でも、男性が2人立って前へ出て来て、言葉のやりとりをする(もしくは一方からお言葉を頂いている)のだが、この言葉と声のニュアンスはとても味わい深い。まるで音楽のようだ。
そしてその日の最後、一頭のヤギの命が捧げられた。

前回の日記でも書いたように、男達が体を押さえヤギの喉をナイフで切りその命を断つのだけれど、その時女性達は皆、眉をしかめ、目を伏せたり、持っているバッグや布で目を覆った。やはりその行為自体はアフリカ人にとっても”痛ましい”ことであるのだ。そういう小さな当たり前そうなことを確認することで私はみんなを近くに感じた気がする、そんな1シーンだ。

命を引き取ったヤギは、仰向けにされてお腹に真一文字にナイフを入れられ、手首足首にもナイフを一周ずつ入れられる。ナイフをお腹に入れたとたん血がばーっと飛び散るイメージの方もいると思うが、それはあくまで皮を切るに過ぎず、血は足の一部をのぞき、まったくと言って出ない。男達も普通にその日のそのままの格好でやっている。
そして真ん中から皮を剥ぐ形で更にナイフが入れられるのだが、この日はもはやナイフどころか拳のグーで皮を剥いでいて、あまりの豪快さに思わず笑ってしまった。
45グーで解体
グーで解体。そして無意識に左下のものすごい存在感に気がついてしまった私と同類のあなた、この後のマンガをどうぞ。



皮が剥がれると、今度は肉を切り内蔵をひとつずつ取り出してバケツに入れ、汚物が溜まった臓器はちょっと若い男の子達が横でその処理にあたる。例えば、腸はしごいて中を出し、クルクルきれいにねじられたりする。なので、当然臭いはあるのだが、まぁ外なのですぐ慣れる。

この頃になると子供たちが寄って来る。内蔵を取り出し分けている男が、集まっている子供達に小腸(おそらく)を10センチずつ位に切って、ひとりずつに渡す。みんなにこにこして、焼いてもらうために家に走って行く。子供たちのおやつだ。
45子供達に内蔵
子供たちはじっと順番を待つ

45ライのにいちゃん
前回の滞在ではものすごくとっつきにくかったライコロ。今回はまさかの天然キャラであることがわかり、大好きになってカフェで会うとよくおしゃべりした。タイトルは「臓器を持ってにっこり」(笑)



きれいに解体が済むと臓器や内蔵は皮の上に塊で並べられてそれぞれが持って帰る。この頃には人もまばら。
45解体後の皮
きれいに皮と頭になる。皮は乾かしてジェンベに張られる。どんな音になるだろう。



そして、このヤギさんは夜に村の人や私のお腹の中に入った。

暑い暑い、そんな一日が終わった。


ティンティントキンキン

ちなみに元気モリモリになったかはさっぱりわからない・・・





スポンサーサイト

category: マツ村!

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://matsunagamika.blog25.fc2.com/tb.php/203-932d66d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。