matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

まつりの話48 喜び組!? 

 

祭りに呼ばれて行くと、グループは村から先ず家をひとつあてがわられ、そこへ荷物を置いて、ごろごろしたり、運ばれてきた食事をとったりする。
そのあとは、人数によって別に寝る場所が用意されたり、されなかったりだ。
そしてたいがいの場合、家に着くと同時に若い女の子が3人から、多ければ10人位だーっとやってきて、ものすごく慣れた感じでメンバーとおしゃべりしたり散歩したりする。帰るまでの何日か、ずっとだ。

この若い女の子達、どこの村に行ってもいる。最初のうちは、友達とかガールフレンドなのかと思っていたが、後になって聞いてみると、彼女達は村がグループのために用意したスンクルン(未婚の女子)のようだった。
村は、祭りのためにやってきた太鼓叩き達に、食事や風呂や家の準備をすると同じくして女の子の用意をするのだ。たぶんね。自主的にやって来ている娘もいそうだけれど。
祭りの度に色気づいた14〜18歳位の娘さん達がオシャレして家にやってくる。
娘さん達は甲斐甲斐しく世話をするのかといえばそうでもない。
ただゴロゴロして、メンバーとおしゃべりするのだ。

これはもしや喜び組・・・

目の前で明らかにイチャイチャする人はいないが、確かに夜になると、メンバーの何人かは必ずどこかに消えて朝までいない。
「あいつ昨日の夜あの子と森にいたんだぜー」
「あいつは夜疲れちゃったから今日はいっぱい踊れないんだよー」
いやいや、似た話を聞いたことあるけれど、もしや??
まぁそういうこともあるのかもね・・・

と、ある村に行った時、スンクルンがまだ幼い少女ばかりだった。
10歳とか、そんなもんだ。
こればかりは余計な事を想像すると、ちょっとキツくなってしまった。
祭りが終わった後の蒸し暑い部屋に溢れる、娘程の年齢の女子と、高いテンションと、男達とのじゃれ合い。
不快な暑さも相まってモヤモヤした気持ちを押さえきれず、私はその場を離れて外へ出た。
すると程なくライがやってきて、
「ミカ、みんなは僕たちが村にお祭りをしに来たことを喜んで来てくれていているんだよ。だから、ミカもあそこにいて楽しくおしゃべりしなきゃダメなんだよ。」と言った。
1日中叩き続けて疲労もピークなライがわざわざ私にかけてくれた言葉を聞いて、私は素直でない自分が少し恥ずかしくなった。

ある人は、娘達は来るけれども、目的はそういうことは決してないと言っていた。
そういうことでないかもしれないし、そうでもない人がいるかもしれない。でもそれは私にはわからなかったし、たぶん明確な言葉としてわからなくてもいいことなのだろう。

ライに言われた次の村では、やはり10歳〜15歳位だったスンクルン達と、私は珍しく仲良くなった。彼女達がめったにない太鼓のお祭りをたいそう喜んで、めったに見ない外人の私に興味を持ってくれたからだ。それがすっと伝わった。手を繋いで山を歩いたり、じゃれ合ったりしていたら、私が抱いたものはちょっと余計な好奇心だったのかもしれないな、と、気持ちがさわやかになった。それではしゃいで走り回っていたら、今度はライに「はしゃぎ過ぎだ。倒れるぞ。」と怒られた。

喜び組

スポンサーサイト

category: マツ村!

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://matsunagamika.blog25.fc2.com/tb.php/212-d278896d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。