matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

25.女の子は占いが大好きなのだ! 

 

そう、わたしは行き詰まっていた。
女31歳、恋も仕事もままならず、
親からはまごまごする程の「孫!孫!」コール。
ダジャレもさえる訳である。

そんなある日、友人がこんなことを言った。
「私さ、今度チャネリングすんの」
チャネリング・・・
なんだそりゃ・・・
江原啓之?
イタコ?

イタコといえば橋 幸夫である。
♪イタコのいたろぉぉ~♪
このイタコが地名でなくて、実は女のイタコのことだったら
と、想像してみよう。
なんておどろおどろしいんだろう!
おそるべし!橋 幸夫!である。

話を戻そう。
そう、チャネリングである。
友人もイマイチそのしくみを理解していないようであるが、
どうやら自分の事を知る霊を呼んで悩みを聞いてもらうというのである。
なんでももし興味があれば
彼女にとりあって私もお願いできるらしい。

霊と話す!なんてワクワクする響きだろう!
そう、私は行き詰まっていたのである。
すがりたい!

後日、早速チャネリングを受けた友人からメールが入る。
「すごい!」
一言。
なんて思わせぶり!そりゃたまらない。
すぐさま、なかなか取りにくいという予約を入れてもらう。
チャネリング、引っ張りだこなのだ!
更に期待が膨らむ。

でも、私のすべてを知っているという霊かなにかがいるのだとしたら、
恥ずかしいとことかも見られちゃってるのだろうか・・・

焦った私はチャネリングのその実体を知るまでの何日間、
常に霊がみてると思い込んだ私は、新聞で株価をチェックしてみたり、
ちょっとズレた、ちゃんとした子ぶりを発揮していた。
そんなことしてる位だから、
我ながら結局
あまり悩んでないんだなぁと
しみじみと平和をかみしめるまつであった。

(イラストは右から左へ流れるように作ったので、右を上から下まで読んでから上に戻って左を上から下に読んで下さい、という面倒臭い説明付き。)

cyane.jpg


スポンサーサイト

category: 完了形:自己満足系コラム

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://matsunagamika.blog25.fc2.com/tb.php/22-0b0b9636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。