matsunbo blog

イラストレーターまつながみかのafricanとつぶやきなブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

10.流行りの「カフェ日記」まつ編 

 

時を経た店は味があるか、ただ潰れてないだけのどちらかだ。
我が家の近所にある、とある喫茶店。
もはや塗り替えられることはないであろう白とモスグリーンの壁のペンキは
薄汚くむしろ木にへばりついていると言った感じで
ごまかすようにからめられた造花のツタとコカ・コーラのベンチは明らかに後者の出で立ち。
入るのに勇気がいる店というのはたまにあるが、その勇気には色んな種類があって、
ここは説明不可能な身の危険を感じるのだ。わくわくする・・・

薄暗~い店内には、二人掛けの丸テーブルとカウンター。
カウンターのドまん中にワイドショーを映し出した大きなテレビがどかんと置いてある。
店内にはマイケルジャクソンのスリラーががんがん流れ、
夜中にサンシャインディはありでも、
真っ昼間っから、ス~リラ~ナ~イトはねーだろっちゅう感じだが、
私にとっては、かなりおいしいシチュエーションだ。
明らかに80年代ポップスが大好きなようだが、
店内はあまりにも暗く、壁にべたべたと張り付けられたLPジャケットはなにがなんじゃら判断できない。

ドラマになったら岸田今日子が演じるに違いないこの店のママは、
ピンクのターバンに真っ赤な口紅をつけていて、
リリィとかサリィとかいう名前で、昔は浜で外人相手してたんだよ。
みたいな感じだ。
ママは微笑みながら「コーヒーかアメリカンしかないから。」
コーヒーしかないと言われると、こだわっているのかと期待するが、
アメリカンがつけたされると、コーヒー作れんのか?という疑問にかわるからおもしろい。
それでもジュースを注文した相方に、しぶしぶアイスティーならあるというので、
私達はコーヒーとそれを注文することにした。
明らかにアイスティーに手間取っているらしく、
コーヒーとアイスティーが出るまでの時間は、従業員が2人しかいないであろう夜中のデニーズで
みんな違うパフェを注文してしまったそれに匹敵した。

コーヒーとアイスティー。
一仕事終えたママはカウンターにほぼ突っ伏すくらいの角度で肘をつき、
ワイドショーを見ながらスリラーに体を委ねる。
とはいえ、当然ママは会話に耳を済ませており、おそらくこの界隈の噂話は熟知しているのだ。
でてきたコーヒーを「飲んで大丈夫か?」と一瞬不安になったが、ミルクポーションが最近近所にできた食材店のものだったので、一応買い出しにはでていて、賞味期限なんかはいけるだろうとふんだ。
余計なことさえ考えなけりゃ、ちゃんと普通の喫茶店のコーヒーの味だった。

お会計になるとママは笑顔で当然のように
「おつりないから」と言った。みんなで必死にちょうどの金をかき集めた。
サービスを尽くして全力投球しても経営維持が難しいであろうこの御時世に、
なんとも気の抜ける空間。
ホント、社会って摩訶不思議だ。
まあ、きっとこんな時代だからこそ気が抜けるものとの出会いも必要なのだ。(ホントか!?)

近所の中年サラリーマンとか常連がいたりするのかな。ママと話しにまた行ってみたい。
・・・でも、話長くて疲れそうなので止めとくとしよう。

column_10.jpg


スポンサーサイト

category: 完了形:自己満足系コラム

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://matsunagamika.blog25.fc2.com/tb.php/9-e61b0fd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。